資格の王道はこれ!知らないと損をする資格情報

知らないだけで損をする!知っているだけで得をする!そんな資格情報があります

新司法試験と予備試験

司法試験は弁護士の国家資格を得るための試験です。

医師の国家資格と並ぶほど難しいとされているため、実際手が出しにくい資格ともいえます。ですが、弁護士が不足している日本だからこそ今が狙い時だと思います。

現在の司法試験の制度は旧司法試験から新司法試験へと移行されているため、少し違う箇所があります。移行と共に受験資格の必要条件として法科大学院制度が設けられたのですが、大学在学4年間に追加で2年ということで計6年間費やすことになってしまいます。

そこで最近では予備試験を使った合格ルートが人気を呼んでいます。この予備試験という制度は簡単にいえば、新司法試験の受験資格です。つまり、法科大学院に行かずとも予備試験に合格さえすれば新司法試験を受けることが可能になる訳です。

これのメリットとして1つは法科大学院に行かないで済むことですが、重要なのは予備試験の勉強が実際の新司法試験と酷似しているため、より効率的な勉強をすることができるところにあります。

どちらかというと模試に近い形になりますが、旧司法試験に比べると多少難易度が下がっています。本気で資格を目指すなら、とりあえず予備試験を念頭に勉強することをオススメします。