資格の王道はこれ!知らないと損をする資格情報

知らないだけで損をする!知っているだけで得をする!そんな資格情報があります

介護福祉士は高齢社会ではオススメの資格

日本の高齢社会は今も加速しています。

身体の不自由な高齢者や疾病を抱える高齢者で割と重度の方が入所されているのが特別養護老人ホームです。 特別養護老人ホームの入居待ちは全国では40万人以上と言われており介護が必要な方でも入所は難しい状態です。

しかし、どうしても家族が介護できない人は高価な有料老人ホームに入所する人もいます。 ちなみに10年後に団塊の世代が75歳くらいになる時には更に高齢者施設が増えるものと思われます。

高齢者施設が増えるということは働く介護職員も増やしていかないといけません。 若い人の割合が減っていっている日本では介護職の増加は難しいですがどの年齢層でも就職しやすいといった面では介護職はオススメです。

そんな介護職でオススメの資格が介護福祉士です。介護福祉士は介護の国家資格であり 特別養護老人ホームやケアホームや養護老人ホームなどの高齢施設で勤めると資格手当がつくところも多いです。

3年間の実務経験から国家試験を受験すると約半分の合格率なので努力した人は合格できる割合が高い資格といえます。 収入についても正社員で夜勤をすれば、なんとか生活していける職種だといえます。